習志野シンフォニックブラス

千葉県習志野市を中心に活動する市民吹奏楽団

指揮者紹介

習志野シンフォニックブラス
常任指揮者
須藤 信也

習志野市立習志野高校を経て、東京コンセルヴァトワール尚美卒業。トランペットを杉木峯夫・佛坂咲千生の両氏に、指揮法を吉田裕史・田久保裕一の両氏に師事。これまでに船橋オペラ『ヘンゼルとグレーテル』、市川オペラ『パリアッチ』『トスカ』『エドガール』、東邦音楽大学『魔笛』『ドン・ジョバンニ』、アマラントオペラ『修道女アンジェリカ』、『カヴァレリア・ルスティカーナ』など各公演の副指揮者を務める他、半田市民管弦楽団、名古屋市民管弦楽団、佐倉フィル、富山シティフィル、立教大学交響楽団、千葉ニュータウンフィル、清瀬管弦楽団、入間市管弦楽団、つくば学園都市オーケストラ、幕張フィルハーモニー管弦楽団、船橋市交響吹奏楽団、東京シティブラスオルケスターの指揮、指導にあたる。現在、習志野シンフォニックブラス、アルファモニック吹奏楽団、県立国府台高等学校、世田谷学園、船橋消防音楽隊の指揮者、指導者を務める他、各地の学校、吹奏楽団、オーケストラの指揮、指導にあたっている。